グラシトールvsトクホのお茶はどちらが効果的?
血糖値を下げるサプリガイド
第1位 グラシトール
グラシトール

インスリンの感受性を高めるピニトールがたっぷり300mg配合。

詳細情報はこちら

第2位 サラシアプラス
サラシアプラス

糖の働きを抑えるサラシアと11種類の健康サポート成分を配合。

詳細情報はこちら

第3位 白井田七
白井田七

サポニンが高麗人参の7倍含まれている田七人参を配合。

詳細情報はこちら

血糖値サプリガイドTOP血糖値が上がる原因と下げる方法 ≫ グラシトールvsトクホのお茶!どちらが効果的?

血糖値を下げる生活の注意点

こちらのページはグラシトールとトクホのお茶についてまとめています。

そもそも「トクホ」とは?

そもそも「トクホ」とは?

最近多く耳にするようになった「トクホ」、何の略称かご存知ですか?

初めて聞いたときは想像もつかなかったのですが、これは特定保健用食品を略したものです。では特定保健用食品とは何かというと、国から健康に対して効果があると認められた食品のことです。

健康に効果がある、といってもイメージがつきにくいですが、国から許可が出ると「コレステロールが高めの方、お腹の調子を整える食品」「血糖値が気になり始めた方の食品」といった表示ができるようになるんです。

食品を「トクホ」として売るためには国の審査を通る必要があるので、一定の効果が認められたものにしか許可は与えられません。こうした仕組みを知ると「トクホ」であればなんでも効果が出るような気がしてしまいますが、私の父は「トクホ」の落とし穴にはまってしまいました。

「飲んだら痩せる」は嘘? トクホのお茶で効果が出ない理由

そもそも「トクホ」とは?

私の父は糖尿病だったので、血糖値を下げるために「血糖値と血中中性脂肪が気になる方の食品」という表示がついた「トクホ」のお茶を飲んでいました。コンビニやスーパーで手軽に手に入ることも選んだ理由だったようです。

しかし1ヶ月飲み続けても一向に効果が現れず、それでも辛抱してもう1ヶ月使っていましたが、とうとう実感できることなくやめてしまいました。インターネット上の口コミを見たら効いたという人もいれば効かないという人もいて、何が原因なんだろう、と気になって調べてみました。

すると驚いたことに、「トクホ」のお茶は飲むタイミングで効果が大きく異なるらしいのです。

「トクホ」のお茶の仕組みは、難消化性デキストリンという成分の働きによって急激な糖の吸収を抑えるというものです。この難消化性デキストリンは食物繊維の一種なので、サラダを思い浮かべればわかりやすいのですが、ただ摂取していれば痩せるということはありません。

あくまで糖の吸収率を下げることが目的なので、「トクホ」のお茶は食事中に飲まないと効果が減少してしまうのです。

私の父も毎回食後に一本飲んでいましたから、ずっと効果が出なかったのだと思います。

試してわかった「グラシトール」と「トクホ」の違い

それでは、食事中に欠かさず飲めば「トクホ」のお茶もすぐに効果が出るのかというと、そうとも言えません。

もともと「トクホ」のお茶の作用は糖の吸収を抑えるといっても、とても穏やかなものです。効果は個人差によりますが、「トクホ」のお茶で期待する効果を得ることができるまでには一ヶ月以上の長期間をみて使用した方がいいかもしれません。

そこで私が父に勧めたのが糖尿病の友人から聞いた「グラシトール」です。「グラシトール」には「トクホ」のお茶にはない2つのメリットがありました。

グラシトールの2つのメリット

1、 飲むタイミングに制限がない

2、 効果を実感できるまでに時間がかからない

「グラシトール」は「トクホ」のお茶とは血糖値調整の仕組みが異なるため、1日のいつ飲んでも効果を発揮してくれます。しかも口コミを見ると、「トクホ」のお茶よりも全体的に効果が出るスピードが早めです。中には2~3日で効果を実感できたという方もいらっしゃいました。

父は1日6錠、2回にわけて1週間ほど飲んだ頃に効き目を感じたらしいのですが、これなら手軽に続けられると喜んでいました。あまり飲み方に縛られず、すぐに効果が欲しいという方には「トクホ」のお茶よりも「グラシトール」がおすすめできますね。

グラシトールの公式サイトはこちら

口コミで評判の血糖値を下げるサプリメントのランキングを見てみる

 
運営者情報
Copyright © 2017 血糖値を下げるサプリガイド, all rights reserved.