妊娠中の血糖値上昇とは?
血糖値を下げるサプリガイド
第1位 グラシトール
グラシトール

インスリンの感受性を高めるピニトールがたっぷり300mg配合。

詳細情報はこちら

第2位 サラシアプラス
サラシアプラス

糖の働きを抑えるサラシアと11種類の健康サポート成分を配合。

詳細情報はこちら

第3位 白井田七
白井田七

サポニンが高麗人参の7倍含まれている田七人参を配合。

詳細情報はこちら

血糖値サプリガイドTOP血糖値が上がる原因と下げる方法 ≫ 妊娠中の血糖値上昇について

妊娠中の血糖値上昇について

こちらのページは妊娠中の血糖値上昇についてまとめています。

妊娠中に血糖値が上がりやすいのはなぜ?

妊娠中に血糖値が上がりやすいのはなぜ?

妊娠したら突然高血糖と言われて驚いてしまった、という方はいらっしゃいませんか?

私の身近な人だと息子のお嫁さんが体験されていて、初めて妊娠したときにそれまでずっと正常だった血糖値が急に上がってしまい、妊娠糖尿病だと言われました。聞いたときは「えっ、糖尿病?」と不安にもなったのですが、今同じように不安を抱えていらっしゃる方は安心してください。妊娠糖尿病は多くの場合、出産後に正常値に戻ります。彼女も出産後は無事以前の血糖値に下がり、家族みんなでほっとしました。

しかし、父と祖父が糖尿病だった身からすると血糖値にはどうしても敏感になってしまいます。しかも妊婦さんともなれば心配になるのは自分の身だけではないですから尚更ですよね。

そもそも、妊娠して血糖値が上がるのは自然な現象です。妊娠中はは体内のホルモンバランスが大きく変化するため、体調の変化が起きたり、病気にかかりやすくなります。

血糖値の上昇による妊娠糖尿病もこのホルモンバランスの変化が要因です。普段、体内で血糖値を下げてくれているのはインスリンというホルモンなのですが、妊娠中はこのインスリンの分泌が減ってしまい、糖代謝異常が起こるのです。

妊娠糖尿病による胎児への影響は?

妊娠糖尿病による胎児への影響は?

血糖値が高いまま放置しておくと、お腹にいる赤ちゃんにもブドウ糖がどんどん与えられていきます。栄養が与えられるのだから悪影響はないと思われるかもしれませんが、食べ過ぎると太るのと同じで、赤ちゃんもブドウ糖の摂りすぎで必要以上に大きくなる可能性があります。

巨大児になると以下のようなリスクが出てくることもあるため、妊娠糖尿病が出産後に治るといっても無関心でいることは危険を伴います。

妊娠糖尿病のリスクとは

・分娩の際に難産になる

・お産が長引く

・肩甲難産や鎖骨骨折などを起こしやすくなる

・呼吸器系の障害や心不全、多血症、低血糖などの症状が出る

・帝王切開になる

妊娠中に血糖値を下げるためにおすすめなのは「グラシトール」

妊娠中に血糖値を下げるためにおすすめなのは「グラシトール」

妊娠糖尿病だと胎児にも悪影響が出ると知って私がお嫁さんに勧めたのが「グラシトール」です。

公式ホームページで確認したところ、副作用がないことやビタミンBが豊富に含まれていること、さらに妊娠中のほか、妊娠希望の方や授乳中の方でも安心して使用できると明記されていたことが決め手でした。

また、健康のために飲むのはもちろんですが、やはり妊婦さんにとっては無事に出産できることが何より大切ですから、「グラシトール」に使用されている原料が無農薬栽培というのもおすすめできるポイントです。

主治医にも相談したところ血糖値のコントロールのために飲むことを勧められ、すぐに効果が出てくれたので、私も息子夫婦も安心して出産に臨むことができ、当時は本当に助けられたという気持ちです。

グラシトール公式サイトはこちら

口コミで評判の血糖値を下げるサプリメントのランキングを見てみる

 
運営者情報
Copyright © 2017 血糖値を下げるサプリガイド, all rights reserved.